ちっちゃいもの倶楽部写真館

アクセスカウンタ

zoom RSS 思えば遠くに来たもんだ2

<<   作成日時 : 2007/04/17 04:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

来るとこまで来ちゃったものがもうひとつ。
「ねこ」(=`ェ´=)

いやいや動物は昔から好きでした。飼ったのは鳥だけだったけどTVの動物番組は欠かさず見てたし。
やばくなったのは態度というか関わり方というか。
ありえないと思ってました。
猫に幼児語を使う自分。
猫を擬人化する自分。
帰宅しての第一声が「うちのカワイコちゃん達はドコかなあ〜?」
玄関に居ようものなら「きゃ〜出迎えてくれたんでちゅか〜?カワユイの〜カワユイのう〜」
呼び名も「天使ちゃんたち」とか「マイスィートハニー♪」とか他人に見られたら死ぬ!てくらいのバカ親っぷり。

夫との間では「猫たちが(真魚&万次郎)が人間だったら」というお題で延々と熱く語り合います。
ちなみに真魚はちょっとおデブなゴスロリ少女。オタク趣味ありであやしいポエムや小説を書いたりしてます。苺グッズが好きで紅茶には薔薇のジャムを入れたりします。顔は可愛いのにおデブなせいで異性とは縁がありませんが「いつか白馬に乗った王子様が現れる」と固く信じて疑いません。
口癖は「万次郎ってコドモね!」

重症でしょう。
最近では真魚が「流氷の妖精、クリオネ」に似てるということで(耳?と体型が)「オコタの妖精、真魚」と呼んでいます。

こんな痛い飼い主夫婦。
最近もっとも痛かったのが自作の年賀状でしょうか。
後から考えるとうちの猫たちの名前を良く知ってる人じゃないとなんのことやらわからない代物でした(写真参照)
送りつけられた方々…あの時は申し訳ありませんでした。
でも正直後悔はしてない。
もう矯正不可能ぽいです…
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
真魚ちゃんがゴスロリ・・・なのはよくわかりませんが(笑)
我が家も同じようなもんです。
私が家事をしながら口ずさむ歌といえば山本リンダの「狙いうち」の
替え歌。
♪レナちゃん レナちゃん レナレナちゃん
この世はレナちゃんのためにある ニャ−−♪

夫とはアテレコ?アフレコ?
勝手に猫の考えていることを想像して代弁しています。
勝手に代弁されて、わけもわからず彼におこられるペ−スケが
かわいそうです(笑)


記事違いですが、お祖母様のご冥福をお祈り致します。
やはり私の祖母も双方共92で亡くなりました。
やはり、自分のル−ツが亡くなるというのは
特別な思いがありました。
harumi
2007/05/12 15:25
猫の歌…絶対ありますよね(笑)
私は「アイアイ」の替え歌で「真魚ちゃん〜真魚ちゃん〜大猫ちゃんだよ〜」と歌っております。
猫は完全に擬人化して妄想を繰り広げてます(夫婦で)


harumiさんのお祖母様方も92歳でお亡くなりになったのですか。
うちは父方の祖母は父が幼い頃に亡くなっていて、父方の祖父・母方の祖父がここ数年で相次いで亡くなったのでこの祖母が最後の大往生でした。
一番なついていたこともあり感慨深いお見送りになりました。
リリアン
2007/05/14 04:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
思えば遠くに来たもんだ2 ちっちゃいもの倶楽部写真館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる